2007年05月27日

ドリーム短歌

泥棒は原色の花埋め尽くす暗闇の中目だけ振り向く


暗闇の中、我が家の床一面を原色の花びらが
埋め尽くしていて、その中央には泥棒が立っていて、
文字通り目だけがこちらをゆっくり振り向く夢を見ました。

人を呼ぼうにも声が出ないくらい気分が怖い夢でした。


【関連する記事】
posted by にしまき at 00:00| Comment(0) | ケータイ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。