2006年01月27日

いちご摘み(セルロイド)

あの頃は象が踏んでも壊れないセルロイドにもまだ勝てていた


続きを読む


posted by にしまき at 13:35| Comment(2) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ホリエモン短歌

言う人の底の浅さを測るんだひみつ道具になるホリエモン(菊石類/きくいしるい)


続きを読む
posted by にしまき at 11:52| Comment(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

いちご摘み(多羅の芽)

多羅の芽を食(は)んで好みと覚えたは涙潰した幾度目の春


続きを読む
posted by にしまき at 16:07| Comment(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

いちご摘み(バラード)

ふくふくと春の気配を押し隠す土の上にはバラードが降る


posted by にしまき at 16:35| Comment(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬03

頬叩く凍てつく寒さすまし風蕾の香り裾に隠して

usa.jpg

posted by にしまき at 14:40| Comment(0) | ケータイ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

冬02

包み込む懐深き冷え込みに気付かずぬるいカイロを抱く

冷え込みが懐深く包み込む気付かず抱(いだ)くカイロのぬるさ


posted by にしまき at 17:20| Comment(0) | ケータイ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

いちご摘み(ひとりぼっち)

交差点ひとりぼっちを重ねては赤信号が暖かい冬


続きを読む
posted by にしまき at 16:40| Comment(3) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

冬01

ただ白く深く冷えたら軽やかに重く吐き出すため息でさえ

殊更に深く冷え込むこの冬はただ湯気になるため息さえも


続きを読む
posted by にしまき at 17:25| Comment(0) | ケータイ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

付け句(よい一年でありますように)

座布団を裏っ返した心もちよい一年でありますように(菊石類/きくいし るい)


続きを読む
posted by にしまき at 16:13| Comment(2) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

いちご摘み(泳)

初々(ういうい)と泳ぐ両手の準備して頭の下にかぶる曇天

oseti01.jpg


続きを読む
posted by にしまき at 00:39| Comment(0) | ケータイ短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。